CIAJ ICT BiZ Site

岩崎通信機株式会社

計測器アプリケーション/ソフトウェアIoT/エッジコンピューティング

当社は創業から80年以上にわたり情報通信・電子計測・印刷システムの3つの事業領域で発展してきました。
現在はこれらの事業領域から更なる発展を目指そうと、新たな取り組みを積極的に行っています。ビジネスホンシステムなどで培ってきた情報通信分野の技術と、電子計測分野で蓄積したセンシング技術等を融合し、新しい価値あるサービスの創造に取り組んでいます。

  • 遠隔監視センシングシステム EyeOwl(アイオール)
  • メーター自動読み取りソフトウェア 計器読む像
  • デジタル・オシロスコープ DS-8000シリーズ

岩崎通信機株式会社

遠隔監視センシングシステム EyeOwl(アイオール)

屋外に置かれた燃料タンクや各種タンク内の残量情報を無線(LPWA:省電力広域無線技術)を用いてクラウドへ伝送することにより、離れた場所からの残量確認及びAIを用いたデータ分析を可能とします。

タンクに設置されたセンサーによって、燃料や廃油の残量を測定し、IoTクラウドを通じて、パソコンや手元のスマホ、タブレットで確認することができます。また、測定値から各タンクの残量推移を予測し、最も効率的な配送・回収ルートを表示します。燃料や廃油の他に、畜産業界における飼料補充や各種施設管理への活用も可能です。人手不足や、それに伴うスタッフへの過重負担、または業務ロス、非効率化。現在さまざまな業界が抱える悩みを一つ一つ解決していくために、IWATSUは“私たちのIoTは「愛」でできている”をモットーに、IoT の力で応えてまいります。

岩崎通信機株式会社

メーター自動読み取りソフトウェア 計器読む像

設備を更新するという高額な投資を行い、メーター値の自動記録を行っている工場もありますが、すべての工場が高額な投資を行うことができるとは限りません。当社のメーター自動読み取りソフトウェア『計器読む像』は、カメラと画像解析ソフトを設置するだけの少額投資で作業者に代わってメーター値を自動記録することができます。

岩崎通信機株式会社

デジタル・オシロスコープ DS-8000シリーズ

日本で初めて、オシロスコープを世に送り出したのは当社でした。以来60余年、高性能化・多機能化を追求した当社の計測器は、現在、産業界をはじめとするあらゆる研究開発や教育の場で利用されています。
デジタル・オシロスコープ DS-8000シリーズは最高周波数帯域1GHz、最大チャンネル数8CH、サンプリングスピード5GS/s(チャンネル結合時)、垂直分解能12bitで測定信号を正確に表示します。他社比最大4倍速の高速起動と15.6インチのFULL HDタッチパネルで測定効率を大幅に向上させます。